サービス

GYPSYのホームページ制作.for website design

Web戦略から運用まで総合的にサポート
主に一般的な企業、店舗サイトやプロモーション用サイト(orページ)、ポートフォリオサイト、ショッピングサイト等々のホームページ制作、ECサイト構築を行ってます。
売上を伸ばしたい、認知度を上げたい、リニューアル、資料請求を増やしたい、コストの削減…などホームページを立ち上げる「目的の達成」を第一に考え、Webサイトの企画立案から公開後の保守(運営・管理)までサポートしてます。

目的を達成するための仕組み.mechanism for achieving the objective

目標とサイトの位置づけの明確化。ホームページの役割を決める。

ホームページを公開したら売上が上がる、資料請求等の問い合わせが増える、ということはありません。
ひとりでも多くの訪問客を増やし、アクセスを伸ばすことが重要です。

通常の店舗の場合、店舗をオープンしたらチラシを配ったり、会員カードを導入したり、商品の陳列を工夫したり、集客のためにさまざまな努力を施してます。ホームページも同様で、集客のための仕組みを作る必要があります。

ホームページは目的を達成するための便利な「道具」です。

ホームページを公開しても「道具」を手に入れただけ、スタート地点に立っただけで、公開してからさまざまな集客のための施策・分析等を行っていかなければなりません。

目的・サイトの位置づけを明確化し、ホームページの役割を決めターゲットユーザー(ユーザー層)を想定・分析します。ホームページのコンテンツやサービス内容が男性向けなのか、女性向けなのか、どの年齢層に人気があるのか、等々を想定した上で、掲載する情報を整理し、ユーザーの行動経路を考え導線設計をし、それに基づいたデザインを施します。

目的を達成するための、戦略を立案(収益構造確立)し、誰が何を目的としてホームページに訪れるか、を考慮した上で、ホームページ制作のご提案をさせていただきます。

使い勝手のよいWeb設計.web design & usability

ユーザーにストレスを感じさせず、使用しやすいホームページを作る。

見栄えだけがよく、ただカッコイイだけで、ユーザーが欲している情報が見つけにくい、あるいは情報そのものが不十分なホームページは意味がありません。リンクが切れていたり、文字が小さすぎたり、ユーザーをサイト内で迷わすなど、ユーザーにストレスを感じさせるホームページでは、ユーザーが離れるだけではなく、ブランドイメージも減退してしまいます。

使い勝手がよく、選ばれるホームページには「理由」があります。

情報に辿り着けるよう、細やかな気配りが施されている、ルールに則った意味のあるWebデザイン、配色パターンなど、一つ一つ 意味を持たせることにより、ユーザーにストレスを感じさせない、居心地のいいホームページとなります。

ユーザビリティ(ユーザーの使いやすさ)に配慮し、色やレイアウト、小さな所まで意味のあるデザインで、バランスの取れたホームページの構築で、ユーザーのリピート率やコンバージョン率、費用対効果(ROI)の向上を実践し、ユーザーにとって使い勝手のよいホームページを構築していきます。

運営の支援.operational support

サイトの価値をさらに向上させ、活用する。

ホームページの利用価値を生み続けるためには、ホームページ公開後の定期的な効果測定が必要です。ユーザーの動向を調査、アクセスログの分析、SEO(検索エンジン最適化)見直し、また、LPO(ランディングページ最適化)、EFO(入力フォーム最適化)など、さまざまなホームページ運用の積極的な支援、ご提案をさせていただきます。

お客様の目的やビジネスモデルを考え理解した上で、具体的にどのように改善すれば良いのかを明らかにし、数あるWebマーケティング手法から、より深い戦略立てを提案いたします。